リリーのすべて

この映画は私の中で今年の一番になった映画です。

この映画は1920年代のデンマークが舞台になっている、世界で初めて性別適合手術を受けた女性の物語です。英題は「The Danish Girl」そのデンマーク人の女ですね。

この物語には性別適合手術を受けたリリー(アイナー)と、その妻であるゲルタの二人のデンマーク人が出てきます。日本語での題は「リリーのすべて」となっていますがこの英題でのデンマーク人の女とはリリーのことではなく妻のゲルタのことではないかと思うほど、ゲルタに感情移入してしまう作品でした。

 

ふとしたきっかけでアイナーは自分の中の女性を自覚し、どんどん変わっていってしまいます。その変わっていく様が女に目覚めたばかりの5歳児のようなわがままさと柔らかさをもって映し出されています。これは演じたエディ・レッドメインの演技力が飛び抜けて素晴らしいからこそ魅せられるシーンですね。

しかしもっとすごいのは、愛していた夫が自分を愛している気持ちは変わらず手の届かない風に変わっていってしまうことを受け入れて支え、残酷なまでの痛みや辛さを表現した妻ゲルタ役のアリシア・ヴィキャンデルですね。

この方は本当にすごい。小さな表情の変化から底知れない痛みを感じ取れるんですよ。

リリーが身勝手にもどんどん女性へと変わっていくことを支える中で、ゲルタは心のどこかでわずかなアイナーの部分を信じているシーンがあります。リリーが性別転換手術を受ける際に「私はこれで幸せになれる。本当の自分になれる」とゲルタの希望をズタズタにしてしまうようなセリフを言うのですが、その時でさえ痛みを感じつつもリリーのことを涙を流しながら笑顔でその気持ちを応援します。その一瞬の痛みを正直観てられません。こっちまで痛くなって涙が止まらなくなります。ここは本当にすごいです。

 

原作は読んだことがないのですが、どうやら史実でゲルタはレズビアン的な方だったそうです。映画ではその演出は一切ありませんが、もしこの事実を知って映画を観ていたらこの感動はなかったかもしれません。自分の愛した人が自分への愛情が変わらないのに離れていく感覚というのは壮絶な痛みを伴うはずです。そんな時でも夫のリリーを応援し続けた究極の愛がこの映画のテーマであるはずです。この余計な設定を加えなかったのはこの映画の最大の成功だと思います。

 

ほかの方のレビューを観ていると、「アート映画だ」「トランスジェンダーものはよく分からない」というコメントをよく見かけますが、この映画はそもそもがラブストーリーです。確かに映像美やLGTBQを扱った作品ではあるかもしれませんがそこまで壁は高くはありません。偏った見方かもしれませんが「アート映画はよく分からない」というコメントの裏にトランスジェンダーへの嫌悪感や無関心が隠れているようでなんだか逆にもやもやしますね。

LGBTQの理解を促すためといえば確かにそうかもしれませんが、きっと制作者側はそこを重点に置いていない感じがするのでもっと気軽に見てもよいのではないかと思ったりもします。

 

 

この映画の舞台は1920年代ということで時代的にはファンタスティックビーストとほぼ同じ時代なんです。なので衣装や雰囲気なんかも似てはいます。

しかし、アメリカとヨーロッパの差なのかやはりこの映画の中の衣装の方が華やかな中に品があり、個性があり素敵だと感じてしまいました。

 

 

ゲルタとアイナーの駅で分かれるシーンは今思い出しても泣きそうになる良いシーンです。是非。

 

 

ジークフリートの剣

講談社文庫から出ている深水黎一郎さん作のミステリー本です。

帯に「ミステリ界の総合芸術」と書いてありそれに惹かれて購入。正直、舞台は観ますがオペラは観たことがなく分からないのではないかと思って読んでいました。

しかし、ほとんどオペラの解説書ではないかというほどに丁寧に説明され、物語が描かれているのでとてもわかりやすいです。オペラ初めましてでも全然読めます。

話の流れはメフィスト賞っぽいと思っていたらこの作家さんはメフィスト賞受賞者でした。道理で作風が我が道を行っている。流石です。

 

この本のすごいところは活字の世界であるにもかかわらず、舞台を繊細に描き、ラストシーンで荘厳な雰囲気を見事に再現した表現力にあると思います。実際に私はこの本のラスト3ページは目に浮かぶ景色があまりにも美しすぎて鳥肌が立ちっぱなしでした。

 

オペラをそれほど知らない私がそうなったので、オペラ好きには涙が出るほど美しい本なのではないかと思います。

 

しかしこの本はミステリー本です。でなければそもそも私手を出していない。

けれどこの物語に謎時が出てくるのはずっと後半です。3分の2まで読み終わった段階でもまだ普通の芸術小説でした。けれどラスト怒濤の謎解きからの舞台のフィナーレは何度も言いますが実に美しい。

きっとこの物語の構成もオペラを模したものになっているのでしょう。物語のはじめに登場する占いのおばあさんは、歌劇でよく目にする予言の魔女か、お告げの魔女といったところなのでしょう。

 

はじめは確かにだらだらと進む印象が強いですがどんどん面白くなっていき一気に読み終わってしまいました。

 

芸術とはなにか、ということにも言及していることもこの本の面白い点かもしれません。芸術分野に1度でも足を突っ込んだことのある者なら1度はぶつかる命題だと思います。

娯楽と芸術は相反するっ存在であり、共存はしない。けれど芸術の始まりが娯楽である人は案外多いのではないかと思ってしまいました。なにげない楽しみが高じてプロになる人も少なくないのではないかと。音楽業界というのはまた特殊な感じはしますが。

 

 

 

ファンタスティックビースト~魔法使いの旅~

JKローリングさんはハリーポッターもそうですが、不遇な環境下にある子どもの闇を描くことが、とても上手な方。

 

ハリーポッターは両親もおらず、親戚の家で虐められながら育つ姿を描きシリーズ後半ではスネイプ先生の境遇に共感し自分と父は違うのだということに気づくシーンがありました。

このファンタビの中でも義理の親から虐待を受けている子どもが出てきます。

そして、ニュートのトランクの中にも子どもが力を抑圧された際に生まれる黒い生命体が出てきます。その生命体の話が映画内で出てきたとき、JKローリングさんはなんて子どもの闇を、子どもの心が生み出す力強さを分かっているのだろうかと驚きました。

 

きっとJKローリングさん自身がお子さんを持ったお母さんだからなのでしょうね。

そして、イギリスという社会の中で抑圧を受けた一人だからこその作品なのではないかと感じました。

何で読んだのか忘れてしまいましたが、昔ハリーポッターシリーズがはやり始めた頃、イギリスには未だに女性に対する偏見や差別的な感情が強かったといいます。なので、JKローリングさんも作品を出すときは女性の名前で出すと売れないために男性の名前で本を出していたこともあるそうな。

イギリス人に、日本の古典にあたる枕草子源氏物語の作者が女性であるというというと驚かれるのはきっとそういうことが背景にあるのでしょう。日本では女性が堂々と名前を出して作品を作っている。そしてその作品がちゃんと売れている。それは日本のきっと良い面なのでしょうね。

 

作品の話に戻りますが、今回の作品の登場人物もニュート・スキャマンダーという男性です。ハリー・ポッターの時と同様です。

ジブリ宮崎駿監督もそうですが、自分とは異なる性別の主人公の方が物語を紡いでいきやすいのでしょうか。宮崎監督も「風立ちぬ」を作った際に男性を主人公にしてしまうとどうしても自分を投影してしまって恥ずかしいみたいなことをいっていましたね。

それか、JKローリングさんの場合は息子さんに投影をして話を描いているのかもしれません。

 

今回の作品を私は、2Dと4DXと2回観ました。

2Dの方は物語に集中できた感じがします。しかし、4DXは完全にアトラクションなので落ち着かないうえに酔ってしまうんですよ。なので酔いいやすい方にはおすすめはしません。けれど後半は、これは物語としてというよりも見応え重視の演出だな、というくらい迫力があります。そこはIMAXか4DXならではの見応えなのではないでしょか。

IMAXでもう一度観るか今少し悩み中です。せっかく映画館で観れるならみたくなりますよね。

 

正直、一回ではラブストーリーに、魔法動物のかわいさに、アクションに、ミステリーに物語の要素が多いので忙しくて追いつけない部分もあるかと思います。なので可能なら2度以上観に行くのがよいのではないかと思ったりもします。

 

 エディ・レッドメインとエズラ・ミラー好きもきっと満足するはずです。

あと、1920年代の衣装が好きな方にもおすすめですね。

 

レミゼラブル

はじめて私がこの作品を知ったのは小6の時です。当時通っていた発声教室が年に1回舞台で発表があるということで、私のところはレミゼラブルをやることになりました。
劇をやるということで、本が好きだった私はすぐに原作本を買いに行ったのを覚えています。青い鳥文庫だったか...とりあえず児童書だったと思います。
タイトルはレミゼラブルではなく『あぁ無情』。
今ではミュージカルや映画の影響かこのタイトルで呼ばれることは少なさそうですね。

小6だった私はその本を面白くて1日で読んでしまい、夜に読んだせいかわんわん泣きながら読み終わったんですよ。
しかし、一点だけ分からなかったのジャベール警部がなぜ自殺したのか。その頃は感動の方が強かったのでそこまで気にはなりませんでしたが心に引っ掛かってはいました。

次にこの作品に触れたのはヒュージャックマンがジャン・バルジャンを演じたミュージカル映画でした。大きな劇場で、友達と観たレミゼラブルは圧巻で上映中ずっと鳥肌がたちっぱなしだったのを覚えています。
しかしこのとき大学生だったのではっきりと、なぜジャベール警部は自殺したんだと強く腑に落ちなかったんです。

そのことをバイト先の先輩に話すと「昔は分からなかったが今ではなぜ自殺したのか分かる」と言われ余計に分からなくなりました。




そして、それから大分月日がたち私も社会人になりました。甘やからされて育った私は社会の荒波に揉まれていろいろ感じることが多かったようです。
最近になってレミゼラブルをDVDで見返したときに、ジャベール警部がなぜ自殺をしたのかがなんとなく分かるなと思えたのです。
はっきりと「ジャベール分かるよ!」と共感は出来ませんが、以前に比べて彼のとった行動がスッと自分の中で落ち着く場所をみつけたようでした。

ようは東大を目指して中学校からずっと机に向かい、頑張りすぎて入学したら目的を見失い自殺したくなる、みたいなものかと。
そういってしまうと例えが荒すぎるかもしれません。ですが、自分の信念を軸に生きてきた人が、急に現実と自分の中の信念との間に差を見いだし、生きるのも辛くなって死んでしまうのはぼんやり理解できます。

もちろん死ぬことはないだろう、と思わなくもないですがあの時代の閉塞感と緊張感を考えればない話ではないですね。
なんせそれを受け止める私は平和というぬるま湯の中からしか彼をみてませんから。





私は映画が好きで数を観る方ではありませんが、1度観た映画を何度も観ます。気に入ったものは月1くらいでも観ます。
それは感動や感情は観るタイミングで大きく変わっていくからです。絶妙なタイミングで観たがゆえに心動かされる作品はたくさんあります。
感動したい。だから何度も観るんです。

やはり若い時にしか見えないものや感じ得ないものもあるのでどちらがよいとは思いません。ですが、あらゆる経験の中から感情を溢れ出させるのは年齢を重ねていったからこそ、得られるものなのかもしれません。

映画、書籍、ときどきドラマ。

観た映画や読んだ本、ときどき気になった日本のドラマや海外ドラマについて感想を書きます。

基本的に、映画はファンタジーやコメディ、書籍はミステリーと好みは偏っています。

ドラマは、海外ドラマだと過去と未来が交錯するようなものを好んでみます。日本のものだと好きな役者さんや原作の好きなものや話題のものしか観ません。たまに気になっていた昔のドラマも観たりしますが。

ほとんどが感想です。評論や意見ではないです。

 

ごくまれに演劇や舞台、コンサートの感想も書いたりするかもしれません。

可能であるならば毎日書きたいです。毎日映画を観たいです。週一冊は本を読みたいです。忙しくなってきたらそれがかなわないことが分かっているのであくまで希望です。

よろしくお願いいたします。