読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

輪廻

普段ホラーは一切観ないのですが、今回訳あってホラー映画を何本か一気に観ました。
その中で一番面白かったのが輪廻です。

話としては確かに突っ込みどころもありますが、如何せんホラー映画なので。
Jホラーといえば、の清水崇監督です。
冷静になるとえ?となることでも勢いで10分に1回は怖がらせよう!みたいな演出をされている気がしなくもないです。なので、ホラー映画で理屈や辻褄なんて考えてたら楽しめないわけですね。


優香が主演で35年前に起きた大量殺人事件を映画を撮っていくという話ですね。
その中でその殺人事件で殺された人の生まれ変わりの人達がどんどん撮影現場に集まって死んでいく感じです。

もともと私は過去と現在が交差する構成の話が好きで、この映画もとても良くできていたので結構好きでした。まぁ、怖いんですけど。

どうやら大きなスタジオに2階建てのホテルのセットを作って撮影されたそうな。殺人事件が起きる綺麗なホテルの時と、廃墟になってから撮影が始まるホテルのセットでは同じ場所だと思えないくらい雰囲気が違います。大変だったんでしょうね...
映画の撮影しているシーンを映画で撮るとなるとスタッフも機材もどっちのやつかごっちゃになりそうで現場を想像すると面白いです。
内トラで本物のカメラマンさんも出ているとかいないとか。


ホラー映画なのにミステリーのような構成になっているので最後に少しびっくりしますね。
ただ、技術的にも2005年の映画なのでCGもそれほどうまく使えないときです。なので死者がゾンビのように歩くシーンはそのメイクで大丈夫?となるほどシュールだったりします。
ホラー映画や特撮ものはどうしても機材の技術になるので好き嫌いがはっきり分かれてきそうですね。
昔のアナログで怖さを工夫しながらやる方がよりリアルで好きなのか、CGを使いまくってあり得ないところからありえないものが出てくる驚きが好きなのか。

Jホラーを支える2本柱の一つ、呪怨の伽揶子。
あれは当時作品にかけるお金が無さすぎて、階段から降りる伽揶子役にワイヤーや安全装置なんてつけれなかったそうです。なので役者さんが自力で腕の力だけで降りなければならなかった。そのせいか、伽揶子役の役者さんは未だに伽揶子の役でオファーされたら腕立て伏せをして鍛え始めるそうな(笑)
今では踊ったり始球式に出たり全然怖くない伽揶子さんをよく見かけますが、過去の話を聞くとすごいことだなと思いますね。