ブライトン2週間留学 2日目

今日から語学学校。

 

7:30に駅までホストマザーが送ってくれるというので、6:30に起こしてくれた。

朝がとても寒い。特別今日は寒いらしい。

 

8:10に学校に着いた。

オリエンテーションが8:30からだったので早すぎたらしく少し困った顔をされた。

勿論一番。

 

他にどんな生徒が来るのかと思っていたら、みんなヨーロッパ系の人達だった。

 

オリエンテーションの後スピーキングのテストを受けて、街の案内に出たのだがその時におばあさんが日本人だというドイツの女の子と仲良くなった。

急に流暢な日本語で話しかけられてとても驚いた。

 

ものすごく綺麗な子で、同い年くらいかと思っていたら18歳と10歳も若い子だった。妹と一緒に秋休みの1週間だけ来ているらしい。

 

街をいろいろ案内されたのだが、案内してくれた人がさばさばしていてコメントがいちいち面白かった。

 

 

 

戻ってきたらクラス発表。

事前に文法のテストを受けていないのでどうしようかと思っていたがもうすでに決まっていた。案外適当だな。

 

 

ほとんどの人達はインターミディエイトと呼ばれるクラスで一緒だった。

そのクラスはほとんどアジア系で、日本人一人と韓国人が2人、台湾人が1人いた。

 

授業はとても面白かったが、自分が思っていたほど話せない問題が今日もつきまとう。

辞書の電池が切れていてなかなか単語の意味がつかめない。

 

私はこのクラスでやっていけるんだろうかととても不安になった。

 

 

昼は思い切ってロンドンまで行ってきた。

とてもいい天気。電車でおよそ1時間ほどでついた。

 

7年前に来たときはバスだったので電車の使い方がいまいち分かってはいない。

ヴィクトリア駅に何があるのか、ノープランできてしまったので困ったがとりあえずバッキンガム宮殿とロンドンアイを観に行くことにした。

 

 

こういうときにちゃんとガイド本を持っておくべきだったと後悔する。

下調べも何もしていなかったのでハリーポッターのスタジオにも行けなかった。

 

石造りでできた建物はどれも美しくて見上げるほどに高い。

やはりブライトンとはまた違う賑やかさがあって都会な感じだった。

 

7年前はあまりいい印象を受けなかったロンドンなのに今ではとても洗練されて感じる。東京に住み始めて、学生ではなくなったが故に7年前とは感じることが変わってきた自分に気づいた。

今のロンドンは嫌いではないな、と。