ブライトン2週間留学 5日目

今日はまさかの12時間睡眠からの6時起き。
でもまだ眠い。
心が疲れていると睡眠時間にもろに出てくる。

それでも宿題は終わっていないからそそくさと問題をこなしていつも通り家を出る。

今日の朝はホストマザーと顔を会わせることもなくて、やっぱり昨日のことを怒っているのだろうかとすこし落ち込む。

だからメールを送ることにした。

口頭で喋れなくてもメールで文章を打つことは比較的出来る。これぞ日本の偏った英語教育の賜物。
という訳で、昨日はごめんなさいと、今日は帰りが遅くなるからご飯いらないよ、そして最後にいつも英語で伝える力が足りなくてあまり話せないのをごめんなさい、と伝えた。

困ったときは筆談、これはけして中国だけで使えるすべではないのだ。笑



そんなこんなで早めに学校へ!
相変わらずみんなゆっくりしかこない。


今日は授業終わりにオックスフォードへ。


ロンドンから二時間。
つまりブライトンから三時間。
めちゃくちゃ遠いな。

しかもロンドンヴィクトリア駅からパディントン駅まで電車を間違って全然たどり着けない!!
ロンドンのアンダーグラウンドは東京並みにややこしくて難しい。

無事パディントン駅からオックスフォードへ!
どの電車に乗ればいいのかどの人に聞いてもふわふわした答えしか返ってこない。
結局は自分自信の力を頼るしかない。(電工掲示板を確認すればいいだけ)

無事オックスフォードについて、街へ。

7年前に1ヶ月ほど滞在していたとはいえ、電車なんて乗ったことがないからここはどこ?状態に。
地図を見たら意外とメインストリートに近かった!

早速7年前に留学していた大学へ。

ハートフォードカレッジ。ため息橋があるところ。

もう見慣れた街が見えてくるだけでドキドキが止まらなくて、ハートフォードカレッジを見つけた時は懐かしさとかいろいろな感情が込み上げて泣くかと思った。

大人になって、見るオックスフォードの街はやっぱり古くてかっこよくて。学生時代にもう少し自分に余裕があればもっとちゃんと建物とか、人とか見ておくんだったとすこし後悔してしまったり。

他にもいろんな映画のロケ地になったクライストチャーチとか、友達とボートに乗った川とか、初めて行ったパブに、イギリスの学生に意地悪されたパブ、飲んだあとに絶対食べてたケバブ屋さんとか。
もう街を歩くだけで思い出が溢れ出してきて胸がパンパン。

私が大好きすぎて帰国時に太っていたベンズクッキーのお店もアベニューにまだあって。
もちろん何枚かクッキーをかいましたとも笑

でも、最後によく食べたマクドナルドのサラダボウルを帰りの電車で食べようと思ってかったら、全然出てこない。しかも、サラダなかったから別のメニューにしてと言われて頼んでも全然出てこない。
30分以上もマクドナルドで待つとか考えられないと思って、お金は返ってこないけどもういい。

ちょっとそれが残念すぎた。
あと、中国人がやたらと多い。ロンドンとかブライトンよりも多い。アジアかよと思ったほど。
学生もそうだし、観光客もめちゃくちゃいっぱいいた。


そこが変わってしまったなぁと思ったところであったり。


そしてあまり遅くなる前に電車へ。
なんせホームステイ先まで四時間もかかるから。

と思っていたらやっぱり電車を間違ってよく分からない駅に着いてしまった。
夜にこのミスは本当にきつい。

素直にロンドンに戻って安全な電車に乗り直した。


帰ってきたら十一時過ぎ。
いくら安全といえども駅から家まで20分歩かなければならない。怖い。

例え日本でも怖い。

もうダッシュで夜道を駆け抜け家に帰ってきた笑
もちろん帰ってきたらホストマザーたちは寝ていたけれども。


長い1日でさすがに疲れた。