ブライトン2週間留学 7日目


なんだかんだとイギリスに来てから1週間がたった。濃いなぁ。めちゃくちゃ濃いなぁ。
日々はじめましてのことに出会うって大事よね。


というわけで、エジンバラで朝を迎えて。

朝食は地下でとのことで行ってみるとまだ1人しかいなかった。

各自セルフで食べたいものを取って席で食べるスタイル。
ゆで卵があるのは嬉しい。

そのあと続々と人が食べに来ていたので、早々に戻ることに。
食後の散歩でもしようと思って外に出たらめっちゃ寒かった。さすが北の大地。ブライトンのように半袖では歩けない。


街の作りはなかなか田舎っぽさもありつつ店もホテルも結構あるかなといった感じ。教会も多いし。


チェックアウトをすると、ホテルの人から滞在時間短すぎないかとビックリされた笑
もっとエジンバラを楽しんでいけよと笑

いや、週末弾丸の旅はこのペースで行かないと無理だって。笑


というわけで簡単に観光地の案内を教えてもらった。
とりあえず私はホーリールードパークに。アーサーの王座があるとのことで人目みたいと行ってみた。丘ってかいてるし軽い気持ちでいったら、あれは山だ。
思わぬタイミングでハイキングをしてしまった。

あとで調べてみると、ルイスなんとかっていう作家も「規模としては丘だが、あれは立派な山だ」とか言ってて騙された気になった。

ただ幸いにも晴れてたからめちゃくちゃ眺めはいい。特に遺跡とかなかったけど。

次にエジンバラ城へ。

城に向かう道中、街中に広がるバグパイプの音が何といい音色か。
なぜか旗を持った人がいっぱい歩いてるんだよなぁ。

途中教会に立ち寄ってみると、衝撃!!!
人は圧倒的異文化の美しさに触れると泣くんだよ。本気で心が震えて気づいたら泣いてた。あんなに美しい建物が何気なく建ってるエジンバラが恐ろしい。

中の王座の様なところにはいると、多分木製だからか、匂いが日本の古い建物と同じ香りがした。
国が違っても香りは変わらないのだなぁ。


そしてやっとエジンバラ城へ!
7年前は入らなかったから少しこれて嬉しい。

でも中は思ってたほどワクワクはしなかったなぁ。、日本の城の作りや役割と変わらないのだな。当たり前だけど。

そういえば、街中にいるキルト男子たちは何事かと思っているとなんだかパレードとまではいかないけれど行進的なものがはじまった。

あとで調べてみると、murch for Scottish independenceとのこと。つまりスコットランド独立運動の1つみたいなことらしい。

でもみんなすごい陽気で楽しそう。
旗持ってる人たちにカメラを向けると笑顔でポーズとってくれるしね。



いい時間になったので、電車でグラスゴーへ!
50分くらいでついた。




着いて思ったことは、都会かよ!と。

とりあえず人が多し、街は汚いし、直感的に夜1人であるくとヤバイとこだと感じたな。
これはブライトンとかエジンバラでは感じたことのない感覚かもしれない。

グラスゴースコットランド一番の都市でヨーロッパではパリ、ロンドンに次ぐ人口の多いところだったような。

そりゃ都会だわな。

ジェームズマカヴォイみたいなイケメンが生まれるわそら。

街並みもまぁ、忙しない。
昔ながらの古い建物に無理やり新しいものをねじ込んだ違和感のある感じ。力付く。

アメリカっぽいのかな?


でも道が分からなくてうろうろしてたら、迷子か?とご夫婦が声をかけてきてくれてここに行きたい!というと丁寧に教えてくれた。

スコットランドの人たちはみんな優しいなぁ。



とりあえず、スコットランド料理か有名なパブに行こうと思ったら、土曜日だからかめっちゃ混んでて入れない。

4件くらい回って入れなかったので心がおれて普通にケバブ買ってホテルに帰った。
TESCOでやけ酒用のお酒を買おうとするとID忘れて買えなかったし。ボロボロ。


ホテルもチェックインの名前が中国人みたいな表記になってて面白かったし。

でも、ホテルのテレビでハリーポッターがやってて思わず嬉しかったなぁ。


明日は早く起きて、早くエジンバラに戻ろうと早く寝る。