読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポカホンタス

歌唱王2016で優勝した歌唱王がポカホンタスのカラーオブザウィンドを歌っていました。その際にとても感動して、泣いてしまったことで思い出して久しぶりに観ました。
小さいときは何度も観て聞いた歌でも大人になって聞くとあれだけ感動するものなんですね。
歌詞の意味や郷愁が理解できてしまえるからなのでしょうか...とても素敵でございました。



さて、改めてポカホンタスという映画を観て20年以上ぶりくらいでしょうか...案外シーンのところどころ台詞の言い回し覚えているものですね。
どの歌も何度もききたくなるほどよい歌でした。

なにより色彩がとても美しい。
この作品では風が物語のキーワードとなっているようですね。シーンによって風の色がすべて異なっているのが実に素晴らしかったです。
全体的に赤色の印象が強い映画でしたが、すべての赤の意味が違うのですね。
前触れの夕日の赤。怒りに満ちた赤。夜明け前の戦の赤。そして恋い焦がれる赤です。この色彩美は実に見事でした。
そしてもうひとつ、歌を効果的に用いるためのレイアウトと演習がさすがだなと。全盛期の宮崎駿さんもレイアウトに関してはとてつもなく美しいですが、それに負けず劣らない美しさです。さすがディズニー。


しかし。今回観て気づいたのですがこの映画をディズニーにしては珍しくハッピーエンドではないのですね。しかも原作が童話や寝物語ではなく実話というとても面白い背景のあるお話でした。
ポカホンタスもジョンスミスも実在する方なんですね。調べたら肖像画まで残っていて驚きましたよ。
ヴァージニア開拓の物語なんですからあながちそんなこともなくはないだろうと思っていたら、まさか本当にあった話だとは。

どうやらこのポカホンタスには続編があるようですが、不評のようですね。そりゃそうですよね。事実に即したら、ポカホンタスはジョンスミスに会いにイギリスへ向かい妻になる。この話で観た自然の美しさや強さはすべて消え去っていることでしょう。
現実とは常に幻想と隣同士では存在できないのですよ。



それにしてもポカホンタスの黒髪のたなびく滑らかさたるや。髪ばかりみてしまうほど魅了されましたよ。
ジョンスミスの捕まった際のセリフも『明日死んだっていい。100年先も君と会えないのなら』と、アイーダ並みにアツい。歯が浮きます。
小さい頃観たときこんなにラブストーリーだった記憶がありませんが。


とりあえずこの先しばらくはポカホンタスの劇中歌が頭から離れないことでしょう。

永遠の0

私はこの本がとても好きなんです。
この本の発売当時、私は本屋でバイトをしておりました。レジで何冊もこの本を売っているうちに気になって買って一気読みしたのを覚えています。
読み終わってそりゃ売れるわと納得してしまいましたね。

けれど、実写映画になった際にキャストが発表されて主役が岡田准一さんと知ったときは違う。と思ってしまいました。松野も井上真央さん...少し違うしうーん。という感じでした。
宮部さんはもっと背が高く恰幅のよい、四角い顔で薄顔のイメージでした。真逆ですよ岡田さん。
けれど映画を観て十分宮部さんでしたね。すごい。ラストの特攻へ向かう芝居は迫力があって怖かったです。

死に様それイコール生き様に通じてると言われていますが、それを真に表しているような作品でした。宮部さんの家族のために生きる、強い生き方で妻の松野をそれをみてきた仲間や後輩はみんな気にして助けにいく。そして血の繋がった孫に出会えたことを心から喜ぶ。まだ残った方達の中の宮部さんは生きているんですよね。そう思うと涙が止まらない映画となりました。



この映画のエンドロールに『In memory of』という欄にお二人の名前があるんですね。これは作品に関わった方で亡くなられた人を偲ぶものですね。
お一人はこの映画を最後に亡くなられた俳優さんですね。ご病気だったのかどうか分かりませんが年齢もいいお歳だったように思います。
ただもう一人はこの映画で美術部のスタッフをされていた方です。芝生の除草中か、滑走路の採寸中か、どちらか分かりませんが飛行機の着陸ミスで事故がおき亡くなられました。即死だったようです。
この話を知ったのは海賊とよばれた男の制作が決定されたときでした。

スタッフは永遠の0と海賊とよばれた男は一緒なので、この事故があったため海賊とよばれた男では飛行機は飛ばせないことになったそうです。
そりゃそうですよね。

その亡くなられた美術部の方はとてもよい人だったようで、いまだに映画の美術の世界の方達はその方を偲んで涙を流すことがあるそうな。
偶然でありますが、この亡くなられた方と映画の宮部さんがリンクしているようでいつこの映画を観ても胸が締め付けられる思いがします。


アカデミー賞取れたことは素晴らしいことですが、よかったのか複雑です。
ご冥福をお祈りします。まだまだ映画の美術の世界で彼は死んではおりません。

海賊とよばれた男

久しぶりに映画を観てハラハラしました。
船の勢いが圧巻ですね。小綺麗なパイレーツオブカリビアンみたいなものかと思っていましたが少し違いました。

冒頭で60歳の國岡こと岡田准一さんが出てくるのですが、声も見た目も60歳にしかみえない。これ、本当にすごいです。同年代の役者さんもたくさん出てきているのですが、その人たちと比べても貫禄が違うので圧倒的に歳上にみえるんですよね。
本当にすごいです。

ただこれ、どこまでがCGでどこまでが美術かまるで分からないところも本当にすごいと思うのです。
おそらく看板やら飛行機やらはCGっぽいですが街並みやら船は正直わかりません。
always三丁目の夕日や永遠のゼロとスタッフは同じなのでそこの加減もとてもよくにています。衣装も。
ここまで物語に引き込むのはもちろん役者さんの芝居ありきですが、美術の力もあると思います。
ただ、國岡商店は完全にセットでしょうね。あと、ラストの船と。いくつのセットを作ったのか想像もつきませんが。


今の出光の話がもとになっているようですね。ウィキペディアをみるとほとんど映画のままなので結構しっかり映画なのではないかと。最近もニュースなんかでは出光の提携するしないのような話を聞くので、地続きで歴史が繋がっているのを実感します。
ただ、原作は未読なのではっきりとは分かりませんがだいぶ省略されているのではないかとも感じますね。

私は百田尚樹さんがあまり好きではないですが、悔しいことに百田さんが書く小説は面白いなと思ってしまいますね。永遠の0も何度も読みました。映画も観ましたがやはり本の方が好きでした。悔しいですね。受けるポイントをよく理解して書かれている上に、まんまとその術中にはまっている感じが悔しいですね。
他にも深川監督や有川浩さんなんかの作品もあまり好きではないのに心動かされてしまい悔しい思いをするんですよ。


見ごたえとしては抜群の映画です。
ただストーリーとしてはあまりハマりませんでした。まぁ、史実をもとにしたドキュメンタリーのようなものなのど波のない感じはどうしても仕方がないのでしょうが。
この手の、いい親方だろう、斬新ですごい人間だろうと見せつけられるような作品は世の中にいくつもあるのでその点ではどこにでもある印象を受けるのです。ただCGの技術と幅広い年齢を演じた岡田くんの演技力観たさであれば十分満足できる映画だと思います。
國岡はたしかに理想の上司像であるのは分かりますしね。

残穢

ホラー映画は基本的に観ませんと、ブログ冒頭で言っていたにもかかわらず2日連続でホラー映画です。すいません。
ただ、私の好みは確かにファンタジー映画かコメディ映画、あるいは時々ミステリーだったしますが根本的に話の面白さを重視するようなところがあるのでなんでも邦画なら観ます。

洋画は群像劇やドラマなど当たり障りのないものを観ると、完全に文化圏が違うがゆえの違和感が出てきてしまうので進んでは観ません。


さて、私は映画を観るときにこれさえ良ければいいというものが3つ存在します。一つストーリー。これは完全に当たり前ですね。もう一つが映像美。これはいわゆるアート映画と呼ばれるものなのかもしれません。しかし、ストーリーが底辺でも映像綺麗だから最後まで観てしまいなかなかよかったと思ってしまう映画は少なくありません。そして最後に、役者さん。これは好きな役者さんが出てるから無条件でいい映画な気がするような映画です。
まぁ、その役者さんの顔が好きなのか芝居が好きなのかまた意味合いは変わってきますが。


そしてこれは完全に例外なのですが、この残穢は監督が好きだから観た映画です。
役者もストーリーも映像もそんなに言いかと聞かれれば普通なんですが監督が中村義洋監督だったのでよかったなと。この方の映画が好きで、絶対に中村監督の作品は映画館で観に行きます。
最近だと『予告犯』ですかね。またいずれ書きますが、あの映画も本当に映画館で号泣するほどよかったです。
他にも、『フィッシュストーリー』『ゴールデンスランバー』『白雪姫殺人事件』などを撮られた監督です。


私はびびりでホラー映画が苦手なのでこの映画は悲しいことに映画館で観れなかったのです。しかし、友達に頼んでやっと観ることができました。
感想としては、怖い。観たあとが怖い余韻です。もう夢に出てきた上に眠れませんでした私はびびりなので。
それくらい後味が悪い。原作が小野不由美さんなのでホラーの不気味さや怖さはお手のものなんですね。しかも、中村監督も昔本当にあった怖い話?でしたか、ホラーをやられてる方なんですよ。そりゃ上手いわけです。


話としてはそれで?というような話です。呪怨のように土地関係なく伝播していく系にも見えます。もう祟られるなら誰でもよいじゃないかと。
が、叫ばないんですよね主人公が。それがもっと不気味で怖い。最後はホラー映画らしく派手な演出にしてましたが中盤がもうずっと怖くて、観終わったあとに疲れたのは久しぶりでした。



これ、本の方が創造力を刺激されて人によっては怖いかもしれませんね。まぁ、映画独特の不気味さもありますが。
高校生の時にはまった小野不由美さんの『ゴーストハント』を思い出しました。あれは本当に怖かったです。今ではもう内容を全然覚えてないのが救いですが。

輪廻

普段ホラーは一切観ないのですが、今回訳あってホラー映画を何本か一気に観ました。
その中で一番面白かったのが輪廻です。

話としては確かに突っ込みどころもありますが、如何せんホラー映画なので。
Jホラーといえば、の清水崇監督です。
冷静になるとえ?となることでも勢いで10分に1回は怖がらせよう!みたいな演出をされている気がしなくもないです。なので、ホラー映画で理屈や辻褄なんて考えてたら楽しめないわけですね。


優香が主演で35年前に起きた大量殺人事件を映画を撮っていくという話ですね。
その中でその殺人事件で殺された人の生まれ変わりの人達がどんどん撮影現場に集まって死んでいく感じです。

もともと私は過去と現在が交差する構成の話が好きで、この映画もとても良くできていたので結構好きでした。まぁ、怖いんですけど。

どうやら大きなスタジオに2階建てのホテルのセットを作って撮影されたそうな。殺人事件が起きる綺麗なホテルの時と、廃墟になってから撮影が始まるホテルのセットでは同じ場所だと思えないくらい雰囲気が違います。大変だったんでしょうね...
映画の撮影しているシーンを映画で撮るとなるとスタッフも機材もどっちのやつかごっちゃになりそうで現場を想像すると面白いです。
内トラで本物のカメラマンさんも出ているとかいないとか。


ホラー映画なのにミステリーのような構成になっているので最後に少しびっくりしますね。
ただ、技術的にも2005年の映画なのでCGもそれほどうまく使えないときです。なので死者がゾンビのように歩くシーンはそのメイクで大丈夫?となるほどシュールだったりします。
ホラー映画や特撮ものはどうしても機材の技術になるので好き嫌いがはっきり分かれてきそうですね。
昔のアナログで怖さを工夫しながらやる方がよりリアルで好きなのか、CGを使いまくってあり得ないところからありえないものが出てくる驚きが好きなのか。

Jホラーを支える2本柱の一つ、呪怨の伽揶子。
あれは当時作品にかけるお金が無さすぎて、階段から降りる伽揶子役にワイヤーや安全装置なんてつけれなかったそうです。なので役者さんが自力で腕の力だけで降りなければならなかった。そのせいか、伽揶子役の役者さんは未だに伽揶子の役でオファーされたら腕立て伏せをして鍛え始めるそうな(笑)
今では踊ったり始球式に出たり全然怖くない伽揶子さんをよく見かけますが、過去の話を聞くとすごいことだなと思いますね。

グランドブダペストホテル

予告でみて思っていた映画と全然違いました。
コメディ風ミステリーとなっていたのでゆったりとした気持ちでみれると思いきや、意外と残酷です。

この残酷さ、グロさ、というものをコメディ風にしているというのは否定しません。
人間のドロドロした部分をあえて薄めるために装飾や美術にあそこまで力をいれている感じなんてすかね。
雪の風景にもなじむように薄いピンクが基調とされていますね。そこもまぁ、美しくもあるのですが如何せん話が重い。


しかも観終わったあとに何一つ残らないんですよね。ハッピーエンドかと言われればそんな気もしますが、そうではないのか聞かれるときっとそうでもないんです。誰視点とするかで見方は大きく変わってくるでしょうね。
この映画のテーマは絆なんですか?最後の小説家の銅像のシーンは要るのか要らないのかよく分からないまま流してしまったのですがあそこは少ししか写らないのにセットお金かかっていますね。
もちろん他のシーンもですが。

ところどころ特撮のような技術で描いていてそれはそれで面白かったりしましたね。

マイ・ベスト・フレンド

連日映画や本のただの感想を書いていますが、平気でネタバレしています。その映画の重要だと思う部分に触れることはないです。ただ、思ったことを書いているだけなので、『それ、知りたくなかったよ』なんてことをペロッと書いてしまっていることは了承ください。


という訳で、この映画はガンを患う女性と子どもを身ごもる女性の友情を描いたイギリス映画です。
きっと世の女性たちの理想の親友物語でしょうね。
英題である「miss you already」の方が情緒があって素敵な感じはします。でもターゲットを女性のティーンや働く世代に絞るなら日本題の「マイ・ベスト・フレンド」で十分映画館に座らせる引力はあるのかなという穿った見方をしてしまいますが。

これは本当によくある、病気を患ってどちらかが死んでしまう系の映画なんですよ。
なので特筆するようなことって全然ないんです。

ただ、嵐ヶ丘やディケンズなどのイギリス文学の描写が出てくるのでイギリス好きにはたまらん映画ではないかと密かにほくそえんではいます。


ガンとは案外身近な病気であるのに、知らないことだらけでおののいてしまう病気ですよね。それを実感できるのはこの映画のよいところな感じはします。

きっと病気の無関心さは世界共通で、気にしてる人は気にしているし舐めている人は急に頭を打つようなものですし。まさか私が!?なんて言われても客観的にみたら、そういう人もいるだろうよと鼻で笑えてしまえる。しかし、自分にふりかかってくると理不尽だと騒ぎたくなるもので。あの女性の身勝手さは分からなくもない悲劇なんですよね。

一番テーマを感じたのは、ガンを患った女性を看取ったのは愛する夫ではなく大親友というシーン。そこは、夫含めて3人のシーンとしなかったことがやるな!と感じたりしましたね。
すぐに夫が駆けつけましたが、リアルさとかそういうことではなくてテーマを女性の友情としているのならばやるとこまでやってくれ!というのをちゃんとやってくれた感じです。



ただ、この映画で気に入らなかったところが2つだけあります。最後の方のシーンで元バンドマンの夫が着ていたTシャツに訳の分からない漢字がデザインされていたこと。
イギリスでは『極度乾燥しなさい(Super Dry)』みたいな日本語が書かれたデザインのTシャツが人気のあるようです。が、日本人としてみるとなかなか覚めてしまうものですね。感動シーンやシリアスなシーンで着てなくて本当によかったです。

そしてもう一つがエンドロールの曲。
なぜか日本人が日本語で歌ってるんですよね。完全に狙ってきてる感があって本当に気持ち悪い。
エンドロール含めて映画という作品であるのになぜそこでイギリス映画の良さを消しにかかったのか宣伝部のセンスが問われる部分ですね。

けれどそれ以外は本当に女性ならば共感しますし泣きます。多分。